<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< キーチ!! | main | paratroop >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
11/25

村上春樹の「羊をめぐる冒険」を、今更ながら読み始めました。今日。
そう2009年11月25日。

して、上巻の最初のページを開いて、びっくり!!

一番最初に書いてある文字、

1970/11/25

と書いてあるではないの。

そう、この話どうやら1970年の11月25日に物語が始まるようです。
最初は「お、ちょうど今日じゃん」なんて軽く考えたんだけど
これってよくよく考えるとすごくないか?
そう思うのは俺だけでしょうか。
すごい偶然だと思うのですが。

まだ全く読み始めだし、小説読むのが亀並みに遅い僕なので
まだまだ読み終わるのは先になりそうですが
なんだかこの出会いが運命的ななにかを引き起こしそうな気が、する!

ええ、私はこう見えてロマンチストなのです。

僕が生まれて初めて読んだ小説が(国語の授業とかを抜かしてね)
村上春樹の「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」でした
そして未だにこれを超える小説には出会っていない。
同氏のノルウェイの森もかなりの衝撃だったけど
それだけ村上春樹の作品には影響を受けているし
自分の感性の底に根付いているように思う。

…ので、この小説もなにかしらの
衝撃を与えてくれるのではないかと、期待を抱き
2009年のうちに読み終われればいいなあ。

なんせ最近「カイジ」ばっかり読んでるからなあ。
文学分を補充しないと。

| すなっふ | | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
HMR (2009/11/25 10:56 PM)
自分が村上春樹を読み始めたのは、今年の春くらいからです。初めて読んだのはスプートニクの恋人です。

今年でノルウェイの森は2回読みました。


村上春樹の文章には、独得の比喩表現と甘い孤独が存在している。そこに浸ってるのが大好き。

でも、浸りすぎると危険な小説でもあります。周りが見えなくなってしまうから。
spring (2009/11/25 11:31 PM)
ええ!?
こう見えて!???
(笑)
____snuff (2009/11/27 2:00 AM)
>>HMRくん
スプートニクはまだ読んでいないのですよ。読みたい。
村上春樹の小説は文章に「浸る」、という表現がぴったりくるね。
箱庭的な世界観を持っているよね、村上春樹は。それが好きだ。圧倒的異空間にある現実。

>>springさん
あれ?意外じゃなかった…ですか?(笑)









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/34