<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< 2014年夏アニメ6話終了時点感想 | main | 楽園追放-Expelled from Paradise- >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
2014年夏アニメレビュー
◆対象作品
・2014年夏アニメで筆者が全話視聴したもの(途中までしか観ていない作品は対象外)

※点数は10.0点満点。
9.6〜10.0点…びっくりするくらい面白い。神アニメ。
8.6〜9.5点…ものすごく完成度が高く、よく出来ている名作。
7.6〜8.5点…素直に楽しめる秀作。
6.6〜7.5点…惜しいところもあるが面白いし良作。
6.0〜6.5点…色々残念だがなんだかんだで楽しめる作品。
5.9点以下…最後まで見てしまう魅力はあるがイマイチ。
(あくまで目安です)

点数は話の面白さ、作画や演出のクオリティ、アニメとしての魅力などを考慮してつけていますが個人的な好みもかなり反映されています。好きな作品の点数が低くても怒らないでね!


◆アルドノア・ゼロ 8.4/10.0


※分割2期だが、1期分をレビュー
ストーリー原案に虚淵玄、キャラクターデザインに漫画家の志村貴子を迎えた、TROYCAとA-1 Pictures共同制作のオリジナルロボットアニメ。さらに音楽に澤野弘之、主題歌にkalafinaを起用、キャストも今注目の声優たちで固めており、製作陣の豪華さからかなり期待度の高い作品であった。実際内容もかなり面白く、続きの気になる予測不可能な展開で目が離せない。古代文明の超技術が発達した火星と、文明の劣る地球との戦争を描いた王道モノだが、火星側と地球側のダブル主人公を用意し、火星のスーパーロボットに対して地球人のリアルロボットが知恵を駆使して挑んでいくという構図が面白く、熱い。音楽や作画はさすがというべきレベルで全体的にクオリティが高いが、しかしながらどうもモヤモヤする部分が多いのも確かだ。火星人が火星に進出して30年かそこらしか経過していないのに異常なほど地球人を古代人扱いしていたり、火星人が力だけで頭の弱い人ばかりだったりする点が個人的に気になるのだが、他にも細かい部分で気になる点を述べる人が多い。ロケットパンチやラストの合体など、火星ロボの世界観にそぐわない中二っぷりにも違和感を覚える。何よりキャラクターの行動心理が理解できず、人物に移入しづらかったのが一番大きな難点に思う。先の予測できなさがこの作品の魅力ではあるが、キャラクターの突拍子もない行動に「?」となることが多かったのは自分の読解不足なのだろうか。しかし、それを差し引いてもかなりよく出来た作品であった。最終回はかなり批判されているが個人的には2期への引きとして続きが気になる良いラストだったと思う。これからどうなるか全く予想できない2期が楽しみだ。


◆グラスリップ 5.6/10.0


青春アニメでお馴染みといえるほどの地位を確立したP.A.worksによるオリジナルアニメ。名作「true tears」「TARI TARI」製作スタッフによる青春アニメということで放送前の期待は相当なものだったが、良くも悪くも(ほとんどの人にとって悪い意味で)期待を裏切るものとなった。福井県坂井市三国町を舞台に、高校3年の夏休みを過ごす5人の仲良し男女グループの前に、未来の声が聞こえるというイケメンの転校生が現れ、主人公・深水透子にもその声が聞こえ始めるというストーリー。要は平和な仲良しグループに転校生という異物が加えられることで関係がドロドロしていく青春ストーリーなのだが、異次元レベルの理解不能な会話、申し訳程度のファンタジー要素、謎のタイミングで静止画を使う演出などなど、雰囲気の良さ以外は「???」と頭を抱えてしまう部分が圧倒的に多く、中盤からはギャグアニメとして楽しみ始める人も現れるほど、「クソアニメ」の名を欲しいがままにしていた。後半は難解さを増し、最終回とその前の1話は考察サイトが出現するほど意味のわからないものとなった。しかし最終回まで見ると、この作品が「純文学」的な雰囲気を狙っていたことが理解できた。未来の声を聞くというファンタジー要素や、転校生の登場など、それ自体は作品の記号的な味付けにすぎない。中島敦「名人伝」、宮沢賢治「夢十夜」、カミュ「追放と王国」、またエッシャーの絵画「昼と夜」など、作中作の登場に物語性を託し、雰囲気や会話劇の描写に重きを置いている。そういった文学的作風を狙ったと考えるとこのアニメの見え方も変わってくるが、だとしても製作者のオナニー感は拭えない内容である。EDテーマも作品の雰囲気に合っていなかったり、作中にまでデフォルメキャラを登場させる演出があったり色々と半端であった。意欲作だとは思うが、世間的にどうしてもクソアニメのレッテルを貼られてしまった残念なアニメである。


◆月刊少女野崎くん 8.5/10.0


ガンガンONLINEにて連載の4コマ漫画原作。男子高校生にして実は売れっ子の少女漫画家である野崎くんに片想いする佐倉千代が、告白したつもりがアシスタントになってしまうことから始まるギャグアニメである。この二人の他にもたくさんの魅力的なキャラクターが登場し、ツッコミ担当の佐倉以外ほとんどがボケキャラというカオスな相関図が野崎くんの描く漫画を中心に出来上がっている。キャラの魅力、テンポの良さ、ギャグの面白さすべてが高水準で、多くの人にオススメできるアニメである。ただ面白さはネタそのものよりもキャラクターの設定のみに集中しているため、どんどん新キャラを出すことに頼りすぎている感じがあり、キャラの関係性やバランスは悪かったように思う。野崎くんがボケ、佐倉がツッコミ、その間に入る御子柴の3人くらいがちょうど良かったが、キャラが増え野崎くんがツッコミに回る等は違和感があった(漫画脳で変な行動に走る野崎くんが、同様に漫画の影響で変な行動をとる後輩・若松にツッコミを入れる等、矛盾があった)。そういう意味で、どちらかというとキャラに萌えられる女性向けの内容といえる。話も1話と最終話は群を抜いて面白かった(最終話は他と比較しても相当良い最終話だった)が、それ以外はマンネリを感じる部分もあった。とはいえ今シーズンの中でもかなり優秀な作品であったし、主題歌はOP、EDともに最高。佐倉の声優は新人ながらバッチリハマっていてとても可愛かった。個人的にも愛せる作品。


◆さばげぶっ! 6.7/10.0


原作は少女漫画雑誌の大手「なかよし」だが、とても「なかよし」連載とは思えない。サバイバルゲーム部に強制的に入部させられた主人公・園川モモカとそれを取り巻く人物によるギャグアニメである。主人公がとんでもなくゲス、かつ他のキャラも強烈で、メタ発言のオンパレードなナレーション、ぶっ飛んでいてなんでもありな展開など、良い意味で「これは酷い」という内容。サバゲーの描写はすべて妄想という設定で血が噴き出しまくるという過激さもあり、女の子が可愛いだけのラノベ的ギャグとは一線を画するものだ。「なかよし」侮りがたし(実際なかよしで連載されていることも本編中ネタにされていた)。ただ正直ギャグの質は低く、「これは酷い」というノリそのものを「くだらなくて好き」になるか「つまらなくて嫌い」となるかで完全に好みが二分しそうである。個人的には全然面白くないと感じながらも、ノリ自体がそこまで嫌いじゃなくなんだかんだ最後まで楽しめた。しかしやはり基本的には全く笑えず寒い話も多かったし、メインキャラは個性的でありながらその特性を全く活かせておらず、そのくせ次々と単発キャラを登場させる等、ギャグとしてはB級のクオリティであった。キャラで笑いをとれていたのは主人公とレズっ娘のうらら、そしてサブキャラのからあげレモン氏くらいだろう(サブキャラなのにからあげレモン氏が一番面白かったし最も存在感があった)。キャラ萌えアニメというわけでは無いのでギャグがつまらないと厳しいだろうが、それでもこのハチャメチャさが嫌いじゃないという人は多かったはず。OPとEDはともに良く、特にEDは今シーズントップクラス。言い忘れていたが本格的なサバゲー要素はもちろん皆無。それが「さばげぶっ!」。


◆残響のテロル 7.3/10.0


ノイタミナにて放送されたオリジナルアニメ。監督に渡辺信一郎、音楽に菅野よう子という「カウボーイビバップ」のコンビにより手掛けられている。人を殺さずに爆弾テロを行う二人のテロリスト「スピンクス」、その仲間になり巻き込まれてしまう女子高生・三島リサ、テロ犯人を追う刑事・柴崎を主役に少しずつ真相が解き明かされていくというストーリー。作画、演出、音楽のクオリティはどれも圧倒的で、特に音楽はアニメBGMというレベルではないほど素晴らしく自分もサントラを何度も愛聴しているほどだ。しかし肝心のストーリーはかなり粗末に感じた。まず、政治家や警察の動きの描写が基本的に甘く非常に幼稚である。普通なら「アニメだしサスペンスアクションだから」と許せるレベルかもしれないが、テロや左翼思想など過激なテーマを扱う以上そこはしっかりしてほしかった。そのせいでどうしても「スタイリッシュテロアニメ」という中二感が滲み出ていたように思う。序盤の謎解きにもかなり無理矢理さを感じていたが、トドメは中盤登場するハイヴというキャラクターである。このキャラが常識ハズレかつ無茶苦茶な戦略で主人公たちテロリストを追い詰めていく展開が一気にこの作品のリアリティを崩壊させた。さらに空港をチェス盤に見立てた頭脳戦など謎解き合戦的展開もゲンナリである。はじめからぶっ飛んだ知能バトルモノと思って見ていればマシだったのだろうか、作品全体の雰囲気からリアルかつシリアスな政治的作品を期待してしまったせいでひどいギャップを感じてしまった。人物の行動心理も描写不足感があり、移入できるのは柴崎くらいだった。後半アテネ計画という真相が明らかになり始めるあたりは面白く、この時点ではまだこの作品にも希望を持っていたが、ラストのヘリ狙撃が何度考えても意味不明すぎて、このせいで個人的に駄作のレッテルを貼らざるを得なくなってしまったのが悲しい。観覧車のシーンなど素晴らしい場面も多く、惜しい作品なだけに残念である。ただ、以上のことが気にならない人も多いだろうし、アニメのクオリティはピカイチなのでそういう人にとっては最高の作品にもなり得るだろう。


◆人生相談テレビアニメーション「人生」 6.4/10.0


ガガガ文庫のライトノベル原作アニメ。「人生」というタイトルからシリアスな作品を想像させるが実際は完全ギャグである。第二新聞部である男主人公・赤松がお悩み相談コーナー設立のため、各分野のプロフェッショナルであるヒロインを集め人生相談に協力してもらうという内容で、寄せられた相談に答えていく形式で話が展開する。が、その内容は非常にしょーもなく、回答もあってないようなもので、相談自体は話の種にしかならない。話そのものも本当にくだらなく、ギャグはテンションと勢いで押し切るくせに不必要なエロが盛りだくさんなあたりはまさに正統派「クソアニメ」といったところである。しかしこのクソさ・B級感をあえて狙っている感じがあり、個人的にもこのノリは嫌いじゃなかった。それでいて男キャラの本妻が一人に絞られ、ハーレム構成でありながらラッキースケベは本妻にしか起こらないという徹底ぶりは評価できる(聞いた話だが原作では全員とハーレムするらしくアニメで改変されているというのも高評価である)。主人公・赤松もはじめは好きになれなかったが、途中から彼のむっつりスケベさに共感できるようになったし、そういう意味で視聴者を投影できる良い主人公といえる。基本的には寒い内容なのだがたまに声を出して笑えるシーンもあり、パロネタも斬新なものばかりで笑えた。しかし耐えられないレベルにつまらない部分も多く(この辺りは好みだと思うが)、後半生徒会との対決展開へ走ったのも微妙。第一新聞部の存在も個人的にとても寒く、もっと第二新聞部をメインに「人生相談」という題材を上手く活かした内容なら良かったのではないかと感じた。後半やっと登場する美術系ヒロインも無理矢理なじませたような違和感で、正直いらない子という感じが否めなかった。だが女の子の可愛さは抜群で、本妻である理系の梨乃がデレる展開なんかは最高にブヒれるし、特に体育会系のいくみは個人的に今シーズントップといっても過言ではないキャラクターだった。


◆スペース☆ダンディ シーズン2 8.1/10.0


監督に渡辺信一郎、音楽に菅野よう子、その他スタッフも『カウボーイビバップ』を手がけたメンバーが多く携わるSFコメディアニメの第2期。1期同様に1話完結で、非常に豪華なアーティストが作品に携わっており、そのクオリティはピカイチ。「研ぎ澄まされた適当、磨き抜かれたいい加減」というコンセプトもそのまま、ハイクオリティながらメタ発言や楽屋オチ、パロディが多用された非常にくだらない内容で展開される。主題歌も1期から変更なく、ブランクも短いので「2期」という感じは薄いが、1期の最大の欠点であった「脚本のつまらなさ」が2期で大きく改善されたように思う。1期は「音楽も作画も演出も全てが素晴らしいのに話がつまらなすぎる」という印象があり、好きな人は好きなノリだろうが個人的には「このくだらなさが良い」という地点まで辿り着かなかった。それでもいくつか面白いと思える「当たり」の話もちらほらあったが、2期ではその「当たり」が格段に増えている。サイケデリックで哲学的な話やトレンディドラマ風の話、ミュージカルなど話のバリエーションも増え、毎回毎回まったく話の表情が違うので、次はどう来るのかという楽しみが1期以上に増した。特殊エンディングもかなり増え、確実にパワーアップしている。特に20話「ロックンロール★ダンディじゃんよ」、22話「同じバカなら踊らにゃ損じゃんよ」は超がつくほど最高で、その中でも22話はスペースダンディのおバカさの完成形、まさにスペースダンディに求めていたものはこれだ!と感動するほど素晴らしかった。しかし、毎回制作スタッフが大きく変わるので話によって好みが分かれるのは当然だとは思うが、どうしても話ごとの「ムラ」はかなり感じた。全く面白いと思えない話もやはりまだいくつか存在したので、毎回一定の面白さがあればもっと良かったのにと思ってしまう。とはいえ1期の頃から思っていたことだが、そのムラさえもこの作品の魅力といってしまえるモノであり、こちらも身構えずにダラっと見る分には最高のアニメといえる。


◆あいまいみー -妄想カタストロフ- 8.0/10.0


正式名は『ちょぼらうにょぽみ劇場第二幕 あいまいみー -妄想カタストロフ-』。一期同様5分枠のアニメで、いまざきいつき監督が編集など大半の作業をひとりで担う低予算作品だが、一期より少しだけ尺が伸びており、作画などのクオリティもかなり上がっている。声優陣も芸人のR藤本など謎のキャストが増え、挿入歌も多く、1期より確実にパワーアップした内容といえる。肝心の中身は相変わらずマジキチさに磨きがかかっており、1期以上に上級者向け、かつ攻撃力が増しているように思う。特に「石運び」「イトウ」は一期の「FX」と並ぶ伝説的なエピソードといえるだろう。1期はいろんなエピソードを部分的に組み合わせて1話を構成していたが、2期は尺が伸びたこともあり原作に忠実にエピソードを再現出来ていたし、原作の大ファンである自分からしても、エピソードの選出が「わかってる」ものばかりであった。演出など含めても原作への愛を感じられる素晴らしいアニメ化である。ただ、スタッフの原作愛が強すぎるが故に、コアなファン以外を突き放す部分もかなり感じられた。特に最終回は(個人的には面白かったが)悪ふざけが過ぎた感すらあった。とはいえもともとが鬼のように人を選ぶ作品なので、むしろよくぞここまでやったともいえる。個人的にはあまりにも好きすぎる作品。このシーズンで一番の毎週の楽しみでとにかく爆笑させてもらった。3期もぜひ。


◆東京喰種 5.9/10.0


週刊ヤングジャンプ連載の漫画原作だが原作は未読。現代の東京を舞台に、人の姿をしながら人を喰らう「喰種(グール)」という種族を描くダークファンタジーで、人とグールのハーフ的存在である主人公を軸に人間とグールの種族戦争が描かれる。人類が新種族に立ち向かう作品はよくあるが、新種族であるグール側を主人公サイドに置く視点は斬新で、元人間である主人公が望まずしてグールとなり両者に理解を示していく構図はとても面白い。1話のつかみは完璧であった。しかし個人的には、最後まで見てかなりイマイチな印象であった。この作品でよく批判されがちなのは終わり方だが、発表こそなかったもののその時点で2期の制作は決定していたようなので、(2期モノだとしてもこの終わり方は酷いが)まだ目をつむるとしよう。問題なのは話が薄っぺらい点である。原作未読者にも伝わる端折り方で、心理描写をおざなりにしているくせに、くどいシーンはとことんくどい演出が鼻につく。深いテーマを扱いながらも結局は強い敵や面白いキャラクターだけで盛り上がり、Cパートでは雰囲気ぶち壊しのオマケ(これは賛否あるだろうが個人的には最低)をやるあたりにも所詮キャラアニメという感じが漂う。最終回は不必要なほど長ったらしい拷問シーンがただただ不快で、今まで大した心理描写もないくせに急なトラウマ設定と問いかけでの覚醒、そこで終了という酷い内容。薄っぺらいプロローグをだらだらやるだけの1クールだったと言っても過言ではない。原作ファンが批判しているのもよく見るので、アニメの構成や演出が完全に劣化だったようである。作画は良い方だが原作の美麗で独特な絵の感じは表現できていないのでは?規制シーンも多すぎて、ここまで画面が規制で真っ黒になるくらいならもう少し見せ方で上手く出来なかったのかと萎えた。正直アニメ化した意味がわからない。褒めるところはほぼ無いのだが、死ぬほどつまらないかと言われるとそこまでではなく、少年漫画的な熱さは所々にあるので、見れないレベルでは決してない。一定以上のクオリティは保たれており、OPとEDも最高峰であった。展開的に二期はもう少し面白くなるのだろうが、制作に恵まれていない作品と言わざるをえないためあまり期待できない。


◆信長協奏曲 8.9/10.0


今シーズン1のダークホース。「のぶながコンツェルト」と読む。「ゲッサン」連載の漫画原作で、フジテレビ開局55周年プロジェクトとしてTVアニメ、実写ドラマ、実写映画の3媒体で同時に企画された。その皮切りとなったアニメは、アニメ制作会社が携わらずフジテレビ局内のCG事業部で直接アニメ制作を行うという異例の作品となっている。ロトスコープとCGを組み合わせた作画は少しのっぺりしていて苦手な人も多いかもしれないが、アニメ全体のクオリティは非常に高い。アニメ制作会社を介していないにも関わらず最高峰の演出で、音楽も素晴らしい。声優陣も凄まじく豪華だが、ただ豪華なだけではなくその実力を最大限に引き出す見事なキャスティングで、演技に感心するシーンも多かった。あらすじは「歴史が苦手でノリが軽い高校生サブローがひょんなことからタイムスリップし、顔がそっくりな織田信長と入れ替わってしまう」というもので、これだけ見るとありがちでとてもつまらなそうだが、実際は「信長を題材にした作品」で一番面白いのでは?と思えるほど秀逸なストーリーであった。タイムスリップして信長と入れ替わるという描写は信じられないほどアッサリで、主人公がタイムスリップした現実と向き合ったり、信長と入れ替わったことを受け入れる描写は一切ない。プロローグとして数分で片付けられ、もう信長となって少し時が経った時点から本編がはじまる。この超速展開の導入にはじめは驚いたが、後から考えるとこの思い切った構成がテンポ良く素晴らしい。現代語を多用するサブローに翻弄される部下たちが、困惑しながらもサブローのカリスマ性と行動力に惹かれ、新しい信長が歴史を切り拓いていく様はとてつもなく痛快で面白い。歴史モノながら決してお堅いことはなくギャグもかなり笑える。ものすごく展開は早いが気にならない上手い見せ方なので、全10話という短さながらつまらない展開が無くすべての話に無駄がない。元信長が明智を名乗る話などは鳥肌が立つほどで、他にも震える展開、泣ける展開も多く、抜群のエンターテイメント性であった。惜しむべくは物語の途中で終わってしまったことだ。半端とはいえ綺麗にまとめたいい終わり方ではあったが、これだけ面白いので完結まで見届けたかった(原作が未完なので仕方ないが)。正直ドラマなんかよりこっちを2クールでしっかりやってくれたら、神アニメと呼べるものになっただろう。薄い望みだが二期を切望する。それほど素晴らしい作品。


◆幕末Rock 7.8/10.0


非常に評価が難しい作品。個人的には数年に一度の大傑作といえる伝説的な作品なのだが、「全話腹筋崩壊」という殺人的な面白さが果たして製作者の意図するところなのか不明なため高得点をつけづらい。原作はPSP発売のアドベンチャー・リズムゲーム。あらすじをあえて引用というかたちで紹介すると、"幕府直属の最高愛獲(トップアイドル)・新選組による“天歌”(へブンズソング)で支配された幕末の世が舞台。幕府の行動に疑問と憤りを感じる志士(ロッカー)達は、“Rock”の力で革命を起こす。"というもので、個人的にはこの時点で爆笑できる。しかし、所謂「クソアニメ」的な面白さを期待して見てみると、テンポも良く、何気に展開も熱く、意外と続きも気になり、アニメとしての娯楽性は非常に高い。結局面白さは爆笑のクソ展開に取られてしまうが、そのクソ展開も実は狙ってやってるのではという疑問がわくほどハイセンスである。狙っているとしたら脚本家を天才と呼ばざるを得ないし、狙わず真面目に作ってるとしても天才と呼ばざるを得ない。「チャージマン研」や「カブトボーグ」を彷彿とさせる衝撃である。さらに、演奏シーンで何故か服が脱げる(この時点でも十分おかしい)のだが、その脱衣アニメーション専用の「パージアニメーター」なる作画スタッフが用意されているなど、ツッコミどころが細部にまで及ぶ徹底ぶりである。最初に述べた通り全話腹筋崩壊レベルの面白さで、話のバリエーションも幅広く全く飽きない。楽曲のクオリティも無駄に高く、キャラクターも愛せる人物ばかりなので、クソアニメとしてはこれ以上無い最高の出来なのだが、やはり「どこまでマジなのかわからない」内容なので評価は難しい。高得点をつけづらいが個人的には伝説的作品として強くプッシュしたい。


◆ハナヤマタ 8.3/10.0


「まんがタイムきららフォワード」連載の漫画原作。所謂「きらら枠」と呼ばれるアニメは大体可愛い女の子の日常ゆるふわアニメという感じだが、この作品も女の子は可愛いながらしっかりストーリーがあり、鎌倉を舞台に「よさこい」に青春を捧げる女子中学生たちの学園青春アニメである。実際話自体はものすごくベタな部活もので、部を結成して部員を集めて大会に出ようとするも多くの障害が…という、言ってしまえば「ラブライブ」に酷似した内容である。空港に走って迎えに行ったり、最後の大舞台にギリギリで間に合うところまでラブライブにそっくりで、ストーリーとしては既視感だらけだが、つくりは非常に丁寧だし、見せ方も上手く全体的に好感が持てる優等生という感触。キャラデザは好みが分かれそうだがとても可愛く、全体的に淡い色彩で統一された作画も非常に良い。特に第一話の、桜が舞う神社で踊りながら背景に花火が上がるシーンなんかは、そのシーンだけで一気に引き込まれる映像美であった。新人声優の初々しさもキャラにハマっており、キャラに深く移入できる。可愛さはそれはもうあざとすぎるほどでやたらとゆりゆりしいのだが、可愛いのだから仕方がない。ギャグも面白いし、ひとつひとつの場面が愛おしいと思えるほどだ。そういった「見せ方」が上手いので、既視感だらけのストーリーもそこまで鼻につかず、素直に楽しむことが出来た。物語終盤の展開もベタではあるがやはり感動的で、ホロリと泣ける。見て損はない内容であるが、やはり優等生止まりという感じは否めず、悪くはないんだけど突出して面白くはないという地味な位置づけとなってしまった。もう少し「よさこい」というものを深く描けたら良かったのだろうが、よさこいという最大のテーマが割とオマケ程度の要素になってしまっていたのが残念である。意外性のある展開もなく予定調和だらけだが、ひねくれずに観たら十分楽しめる作品。そして何よりOP主題歌。EDテーマも素晴らしいが、OPは数年に一度の名曲である。劇中でOPが流れるシーンはことごとく感動的で、楽曲の強さを実感する。原作は未読だがスタッフ愛も感じられ、綺麗にまとまった良作である。


◆ひめゴト 6.7/10.0


「男の娘系ラブコメディ4コマ漫画」原作の5分枠ショートアニメ。その内容は「公式が病気」と言わんばかりの酷いものである(褒めてる)。主人公・有川ひめ(♂)が、家の借金を生徒会に肩代わりしてもらう代わりに、高校生活を女装して過ごし生徒会の犬となってもらうという条件を突き出されるストーリー。これを見ただけでも十分酷さが伝わるだろう(褒めてる)。要は男の娘を題材にしたギャグアニメだが、「男だから許される」と乳首出し放題、その他ひどい下ネタだらけ。パンツごしのもっこり、キャンタマ揺れシーンはノルマのように毎回登場する。登場人物の呼び名も「18禁」「運子(うんこ)」など隙のないひどさ。更には主人公・ひめくん以外にも当然のように男の娘キャラが登場、男装女子まで出てくる始末。もはや誰が男で誰が女かわからず、途中から性別などどうでもよくなってきたらその時点でこの作品に洗脳されてしまった証拠だ。下半身に何がついていようが関係なく、登場する男の娘がみんな可愛い。終盤でひめくんを襲う男たちが放つ「俺たち…目覚めちゃったんだよねぇ!」という台詞が視聴者のすべてを代弁している。ギャグもエピソードもとりたてて面白くはないし合わない人には全く合わないだろうが、個人的にこの酷さがやみつきになり好きだった。無駄に主題歌はOPもEDも良い。良質なB級アニメであった。


◆普通の女子校生が【ろこどる】やってみた。 8.2/10.0


『まんが4コマぱれっと』連載の4コマ漫画原作。千葉県流山市をモデルにした「流川市」を舞台に、タイトルのまんまローカルアイドル、略して「ろこどる」に普通の女子高生が挑戦していくというストーリー。他のアイドル系作品とは違い内容は非常にのんびりゆったりとした日常系という感じだが、ギャラやスポンサーの話など非常にリアルなローカル事情がしっかり描写されており面白い。「魚心くん」というゆるキャラもいい味を出しており、ろこどるの存在が地域で少しずつ認識されていく展開など、見ていて温かい気持ちになれる。「魚心くんソング」「ああ流川」などのテーマソングもローカル感がリアルで、「流川市」という場所が(モデルがあるとはいえ)本当に存在しているような気分になる。登場人物は全く個性がないキャラクターばかりだがそれさえもローカルっぽくて良い。特に主人公・なにゃこはカリスマ性もなく、タイトル通り普通の女子高生で、声優も新人でたどたどしい感じだが、それ故にみんなに愛されるという部分をきちんと本編でも描いていて、実際にとても愛せる主人公を作り上げているのは素晴らしい。物語はとくに毒も盛り上がりもなく平和で、百合要素がやけに強い萌え豚ホイホイな作風だが、ここで特筆したいのは最終回である。「流川ガールズ」なるろこどるユニットの新曲を、散々引っ張って最終回、ろこどるの大会にてやっとお披露目するのだが、この「流川ガールズソング」という楽曲がとにかく素晴らしい。単純に楽曲の良さもさることながら、歌詞がローカルアイドルならでは、さらにはこの作品を総括する内容で、最終回まで引っ張ったのもうなずける。ライブシーンの作画も素晴らしく、フルサイズで流すのに全く長く感じさせない演出も凄い。のんびりした平和な展開から、最終回では他のアイドル作品に負けない内容で、予想外にも感動してしまう。全体的に見るとどうしても地味で印象が薄い作品であるのは否めないが、「ろこどる」を描く作品としてはそのくらいが丁度いいという感じで、とても好感の持てる作品である。


◆Free!-Eternal Summer- 7.9/10.0


京都アニメーションによる水泳アニメの、ちょうど1年ぶりとなる2期。ライトノベル『ハイ☆スピード!』を原案としているが、1期同様にアニメはオリジナルストーリーである。2期は1期からひとつ学年が上がり、高校3年生となった主人公たちの卒業や進路が描かれる。相変わらず必要以上にホモホモしい展開で腐女子歓喜な内容だが、スポ根として純粋に面白いという点も1期から変わっていない。むしろ2期になってストーリーはさらに良くなったといえる。2期ではライバル校・鮫柄学園の登場人物が増え、鮫柄サイドが多く描かれている。それぞれの登場人物が卒業後の進路について別々の悩みを抱え、それが自分たちの「泳ぎ」に影響し、すれ違いが生じていく展開が面白い。特に新キャラ・宗介のエピソードは非常に熱く感動的であった。ホモォ臭こそ強いが、なんだかんだ男ならではの葛藤・熱さが相変わらずしっかり描かれている。また、1期ではカマホモとして忌み嫌われていた似鳥というキャラが、2期でものすごく成長する様が描かれるのもとても良い。男目線でもキャラクターに移入できる作品である。個人的に1期からお気に入りだった竜ヶ崎怜というキャラが、終盤で「本当に卒業しちゃうんですか…?」と主人公に言い寄るシーンは不覚にも涙してしまった。最後のリレーのあとみんなで抱きあうシーンにもホロリときたし、まさかこの作品に泣かされるとは…。しかしラスト、遥の葛藤が、海外に行って割とアッサリ解決してからの展開は少々お粗末に感じた。最後のリレーシーンも抽象的でアッサリしすぎているように思う。1期もそうだったが、どうしても内容は表面的でツッコミどころが多いのは残念である。スポ根として面白いとは言ったが、どちらかというと青春モノとしての面白さで、スポーツモノとして幼稚な内容なのは否めない。しかし2期作品としては1期の内容を踏襲した上で登場人物の成長とその後をしっかり描いており、2期の鑑といえる内容だと思う。ギャグも相変わらず京アニクオリティで個人的に好きだし、世間的に風当たりが強い作品だが自分は支持したい。


◆まじもじるるも 7.3/10.0


『弱虫ペダル』でお馴染み、渡辺航先生による漫画原作。平凡な高校生・柴木耕太がひょんなことから魔女「るるも」を召喚してしまう魔女っ娘コメディという内容で、非常に王道な作風はひと世代前の夕方くらいにやっていたアニメのようなノリを感じる。主人公の変態っぷりが小学生レベルな点なんかもまさに昔のアニメという感じだ。あくまで王道コメディであり展開にはそこまで盛り上がりはなく、1話完結で平和な内容。取り立てて面白いというものでもないが、この古いノリが個人的にも好きで、丁寧で好感が持てる印象。地味な作品ながらこのシーズンの癒やしとなっていた。最終回は特に、このシーズンの中でもとりわけ見事なもので、シリアスなラストかと思いきややっぱり日常回でした、というオチの付け方は脱帽モノであった。主人公・るるもはあざといがやはり可愛く、他のキャラクターもなかなか魅力的。OPテーマもこのシーズンでは上位の素晴らしさであり、アニメとして一定以上のクオリティでしっかり纏められている良作である。ただ観ている最中は「悪くはないが退屈」という印象がなかなか払拭できず、どうしてもパッとしない作品となってしまった。それも含めて「ちょうどいい平凡さ」ではあったのかもしれない。


◆六畳間の侵略者!? 7.0/10.0


ライトノベル原作の、SILVER LINK.制作によるアニメ。「家賃5000円・敷金礼金無し」の格安物件に引っ越した主人公・里見孝太郎(高1)のもとに、その部屋に棲みつく地縛霊の少女・その部屋を防護する魔法少女・その部屋の地下にあった祭壇の再建を企む地底人・その部屋を儀式の特定地点とする銀河皇国皇女とその護衛(もちろん全員が美少女)が一斉に部屋に押しかけるという、まさに「クソアニメ」的ハーレムコメディ。さらに原作では数日掛けて1人ずつ登場するらしいのだが、アニメでは全キャラが一話で一気に押しかけてくるという、「クソアニメ」さに拍車を掛ける改変が行われている。ヒロインのジャンルがあまりにもごちゃごちゃなのが面白く、個人的には大好きなクソアニメっぷりである。キャラも最初はあまり魅力を感じなかったものの回を重ねるごとに段々可愛く見えてきて、非常に優秀なクソアニメであった。時折挟むシリアス展開も、ギリギリ不必要に感じない丁度いい塩梅で、全体的にかなりバランスが良い。新人声優のキャスティングも良く、主題歌もよく、かなり好印象な作品である。とはいえやはり内容は所詮クソアニメ、つっこみどころは山ほどある。序盤の六畳間を奪い合う陣取り展開も気付いたら完全に消えていて、様々な設定がどんどん無視されていく。カブトムシネタもさほど面白く無いのに引っ張り過ぎだったし、基本的にはつまらない内容。原作が長いので仕方ないが様々な伏線・謎を回収しないまま、結局ドタバタハーレムコメディのテンプレを全うして終了という感じ。結局よくあるラノベ原作クソアニメで終わってしまった。設定的に面白くできる要素がたくさんありながらあまり掘り下げ切れなかったのは残念である。しかしこの作品の評価すべき点は、各キャラのデレていく過程が非常にしっかり描かれているところで、キャラごとのエピソードがとても丁寧であるため、先ほども述べた通り段々キャラが可愛く見えてくる。この点はあまりにもチョロく主人公にデレる他のクソアニメに勝る魅力であり、同系統の作品から一歩抜きん出た長所といえる。だからこそおざなりになってしまった設定、つまらない部分が勿体無い。ちなみに僕はレインボーゆりかが好きです。


※「ヤマノススメ セカンドシーズン」、「毎度!浦安鉄筋家族」は2クールあるため、放送終了後この記事に追記します


アニメレビュー点数まとめ→こちら

2013年アニメレビュー→こちら
2014年アニメレビュー→こちら
| すなっふ | 2014年アニメレビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/253