<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< 2013年夏アニメレビュー | main | 2013年個人的アニメレビュー総集編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
2013年秋アニメレビュー
◆対象作品
・2013年秋アニメで筆者が全話視聴したもの(途中までしか観ていない作品は対象外)

※点数は10.0点満点。
9.6〜10.0点…びっくりするくらい面白い。神アニメ。
8.6〜9.5点…ものすごく完成度が高く、よく出来ている名作。
7.6〜8.5点…最高に楽しめる秀作。
6.6〜7.5点…惜しいところもあるが面白いし良作。
6.0〜6.5点…色々残念だがなんだかんだで楽しめる作品。
5.9点以下…最後まで見てしまう魅力はあるがイマイチ。
(あくまで目安です)

点数は話の面白さ、作画や演出のクオリティ、アニメとしての魅力などを考慮してつけていますが個人的な好みもかなり反映されています。好きな作品の点数が低くても怒らないでね!


◆革命機ヴァルヴレイヴ 2ndシーズン 5.8/10.0


※1stシーズン(春アニメ)は総集編でのみの視聴だったのでこちらでまとめてレビュー
アニメ史に名を刻んだ伝説の作品。その予測不可能で見るものを戦慄させるシナリオは「平成のチャージマン研」と言わしめたほどであった。最終回のニコ生アンケートでは「とても良かった」が18%、最低評価の「良くなかった」が60%を越えるという、ニコニコ史上過去最低を記録するなど、クソアニメとしての伝説をこれでもかと作り続け話題に困らない作品となった。実際その内容は酷く、平然と無視される設定、安定しないキャラの性格、穴がありすぎる脚本、ご都合主義すぎる展開、終始漂う茶番感、メインヒロインが害悪などなど、枚挙にいとまがない。学園モノ要素、政治要素、SNS要素を詰め込みすぎて失敗しているように感じる。後半は善良なキャラの死によってのみ感動を得ようとしてくるため、このアニメのせめてもの良心といえる良キャラがどんどん死んでいくのはまさに地獄絵図であった(しかも感動しない)。しかしそれほど最低レベルの脚本でありながら、なんだかんだで愛されている作品でもある。その理由として、単純にネタが尽きず笑えるというのもあるが、脚本以外はズバ抜けてクオリティが高いのも大きいだろう。ロボットデザイン、作画、声優の演技(演技はほんとうに素晴らしかった)、主題歌はどれをとっても一級品。キャラクターも、エルエルフなんかは未だにニコニコ動画などで散見するほど人気のあるキャラだったり、アキラちゃんやサンダーさんなどなど他にも魅力的な人物が多い…というかぶっちゃけ主人公とメインヒロイン以外は全員とても良いキャラクターである(膝から崩れ落ちる)。ハルトとエルエルフの、敵同士のW主人公という構図は非常に面白かったのだが…。また、ハードルを下げて観ているせいもあるだろうがたまに「あれ?今回面白いぞ…?」と忘れた頃に胸熱展開を用意してくれたりと、意外と飽きさせないのも大きかった。かくいう僕も、ボロクソに言ったけどなんだかんだでこのアニメ大好きです。何かの間違いで映画化してくれないかな。


◆京騒戯画 8.5/10.0


2011年にWEB配信されたオリジナルアニメをさらに深めたTVアニメ版。Web版を観たことがないので比較できないが、これはダークホースだった。素晴らしく名作。総集編などの特別編を除けば全10話と短めの作品だが、その10話に込められた内容の濃密さはすごい。その作風はかなりスピード感がありぶっ飛びまくり、それでいて説明的な描写は一切皆無と話は非常に難解で、どちらかというと雰囲気アニメに近い。人を選ぶ内容でもあると思う。しかし全体の脚本、一話ごとの構成は物凄く丁寧に練られており、毎回毎回、物語に夢中になってしまう。特にエンディングテーマへの入りがとてつもなくカッコよく、とてもいい引きをするため、毎話必ず鳥肌が立つほどの面白さであった。キャラクターも本当に全員が魅力的で、サブキャラに至るまで全ての人物が愛おしい。劇中の音楽も本当に素晴らしく、声優の演技も「声優ってすげえな」と思うレベルで、作品の完成度はピカイチであった。ぶっ飛んだ内容ながら心が癒やされる名シーンも多く、後半は何度も涙が流れた。終わり方もまさに「大団円」と言える爽快な終わり方で文句なし。素晴らしいアニメだった。ただ、脚本は確かに完成度高いが、もう一歩という感もあるのが正直なところ。自分が理解しきれなかったのもあるが、後半はわけわからなくなりすぎてついていけなくなった。序盤〜中盤の雰囲気が好きだった自分としては、後半の急激な世界設定の大放出で少し冷めてしまった。それでもあくまで「家族愛」をテーマに完結したのは良かったが、もう少しシンプルに、より面白く出来たのではとも思ってしまう。大好きなのだが人には薦めにくい作品としてはぶっちぎり1位である。あと0話予習編は本当にただのWeb版を繋ぎあわせただけの内容なので意味不明すぎて、これで切ってしまう人が多いであろうことも残念。10.5話の復習編ももう少し面白い内容にして欲しかったなあというのはさすがにわがままか。


◆キルラキル 9.7/10.0


※2014年をまたぐ2クールだが最終回までの2クール分をレビュー
これこれ。こういうのが見たかったんだよ、とアニメ開始1分で思わせられた圧倒的作品。多くの視聴者を口々に「最初の5分でもう面白い」と言わしめた第一話は圧巻であった。天元突破グレンラガンの製作スタッフがガイナックスからTRIGGERとして独立後初のテレビアニメで、完全にガイナックス特有の超絶スピード感のある展開、ギャグのノリは、好き嫌いもあるだろうがフリクリで育った自分には最高。作画などがセル画時代のアニメ的で、昔の熱血バトルアニメを思わせる作風もめちゃくちゃ熱い。やたら露出の多い変身後のデザインなんかも、この不必要なエロ要素がまた昔のテレビ漫画っぽくて良い。ものすごくくだらない内容をめちゃくちゃ真剣にやっているかと思えば、シリアスな展開にやたらギャグを盛り込んだりと、ふざけてるんだかまじめなんだかわからないノリだが、基本的に何度も爆笑できるセンスは秀逸。3話で既に最終回のような展開を見せたり、胸熱なクライマックス展開を出し惜しみなく連発してくる脚本も凄まじい。しかし、逆にそれが「何度も同じことをやっている」と思われる原因ともなっていたし、実際話のムラも感じられた。それを残念に感じた人も多いと思うが、個人的にはそれすら「こんだけ熱い展開をてんこ盛りでぶつけてきてるんだから仕方ない」と許してしまえたし、ギャグの面白さで補えていたと思う。キャラクターも敵味方関係なく全キャラクターが愛おしく、キャラの魅力は他アニメとくらべても圧倒的といえるほどだ。話よりもキャラクターとギャグが見どころのアニメかと思っていたが、2クール目からは物語が動き出し、想像以上に完成度の高い脚本が展開されどんどん面白くなる。特に2クール目後半は次回予告すらカットし、本当に1分1秒が熱すぎる怒涛の展開を見せる。最初から最後まで基本王道展開なのだが、それをここまでやり遂げてくれるアニメも珍しい。中だるみも確かにあったが終わりよければ全て良し、最終回は文句のつけようがないあまりにも素晴らしいものであった。作画のクオリティも圧倒的、音楽も素晴らしく、見返す度に新たな発見がある非常に細かい演出、スタッフの遊び心もあり、全てに隙のない作品だった。数年に一度の大傑作。


◆凪のあすから 9.4/10.0


※2014年をまたぐ2クールだが最終回までの2クール分をレビュー
P.A.WORKSによるオリジナルアニメ。2クールのアニメだが、前半の段階では「まさかここまで化けるとは」と、誰も予想し得なかったほどに尻上がり的に面白くなるアニメであり、1クール時点ではそこまで話題になっていなかったが最終的に大傑作として話題になった。とはいえ1クール目から非常に面白い内容。まず風景の作画がため息が出るほどに美しく、海と陸を行き来する世界観なども素敵だ。キャラクターも可愛く、切なく甘酸っぱい青春恋愛モノかなと思っていると想像以上にドロドロとしてきて最終的に昼ドラレベルにまでこじれ、四角五角六角関係が展開される。多数の登場人物が全員恋をしているのに一つも両思い成立してないのは凄い。そこまでドロドロさせなくても…というほどグチャグチャの人間関係と恋愛が展開されていくが、ひとつひとつの演出が素晴らしく、良いシーンも多いので1クール目から個人的には大好きであった。美しい風景・世界観とリンクして描写される感情表現の演出などは魅入ってしまうほどだ。主人公の性格も、最近はやたら省エネ志向のある主人公が多い中、不器用でどこまでも真っ直ぐなのがとても良い。ただ、やはりちょっと地味かなという感じはあった。しかし2クール目が始まるやいなや、2クール目1話から急激な面白さを見せ始める。それまであまり活かされていなかったファンタジックな世界観設定もしっかり回収され物語が急激に面白くなり始め、それと同時に人間関係も次々と変化していき全く目が離せない展開に。1クール目で静かに温めてきた芽を爆発的に開花させることに成功している。最終的に無難にまとめた感じは無くもないが、個人的には最終回も大満足だった。「人を好きになる辛さ」をファンタジーを交えて描き、どこまでも胸が締め付けれ、特に後半は見る度に叫びだしたくなったが、とても温かくて素晴らしい作品だった。名作。


◆のんのんびより 8.6/10.0


にゃんぱすー。という思わず使いたくなる挨拶が話題のアニメ。周りは田んぼだらけ、バスは二時間おき、1クラスに学年が入り混じった学校というド田舎でのゆるい日常を描くという内容で、話よりも田舎の風景やゆったり流れる時間を丁寧に描写しており非常に癒される。キャラクターの一人が東京から引っ越してきたところから話が始まり、始めは田舎の文化に戸惑うも段々その生活に馴染み好きになっていく感じはまさに視聴者視点で、田舎で暮らしたいと思う視聴者も多かっただろう。風景の作画や音楽はその田舎の空気感を見事に再現していてとてもほっとできる作品である。世間の評価も物凄く高く、2013年アニメでは進撃の巨人と並ぶ人気を誇っている。しかし、正直過大評価されすぎている気も否めない。回によってはあまりに中身がなさすぎて面白くないときもあった。こういう内容なので中身などいらないといえばそうなのだが、田舎の空気感という武器に頼りすぎた感もある。それでいてこの作品の評価を絶対なものにしているのは4話と10話の存在だろう。ほのかちゃんという女の子と夏休みに仲良くなる4話、赤ちゃん時代のれんげと駄菓子屋のやり取りを描く10話と、この2話は突出して、圧倒的な面白さであった。特に4話で、れんげが泣き出すまでのカットを放送事故スレスレの長尺で描くシーンは非常に大胆な演出でエモさすら感じる。何度観ても震える名シーンである。ただの日常モノで終わらない、こういった話が他の回でも見られたら完璧だったがさすがに求めすぎか。素直に2期が楽しみ。


2014年アニメレビュー
冬アニメ編
春アニメ編
夏アニメ編

アニメレビュー点数まとめ
| すなっふ | 2013年アニメレビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/245