<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< 【映画レビュー】カッコーの巣の上で | main | 2013年春アニメレビュー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
2013年冬アニメレビュー
◆対象作品
・2013年冬アニメで筆者が全話視聴したもの(途中までしか観ていない作品は対象外)

※点数は10.0点満点。
9.6〜10.0点…びっくりするくらい面白い。神アニメ。
8.6〜9.5点…ものすごく完成度が高く、よく出来ている名作。
7.6〜8.5点…最高に楽しめる秀作。
6.6〜7.5点…惜しいところもあるが面白いし良作。
6.0〜6.5点…色々残念だがなんだかんだで楽しめる作品。
5.9点以下…最後まで見てしまう魅力はあるがイマイチ。
(あくまで目安です)


◆たまこまーけっと 8.7/10.0


京都アニメーションによるオリジナルアニメで、山田尚子監督をはじめ「けいおん!」制作のスタッフが名を連ねる作品。実際にある京都の商店街をモデルにした「うさぎ山商店街」を舞台に、餅屋の娘・たまこ、南の国から来た喋る鳥・デラたちの日常が展開される。物語自体にはそれほど山がなく、大きな展開もないが、商店街の人々の温かさ、女の子同士の可愛らしく何気ないやりとり、家族の団欒がしっかりと描かれ、温かい気持ちになれる内容だ。「けいおん!」といい、山田監督特有の可愛さ・温かみが作品全体に漂っていて、何気ないやりとりやセリフ選びに関しては天才的。全ての登場人物・シーンが愛おしく、ギャグも面白く、1分1秒にこだわりを感じる。商店街の人々も少ない出番の中でしっかり個性的に描かれている。「反復」の手法を多用する演出も山田監督ならではのもので、同じシーンを少し変化を加えながら再登場させる演出は見事。くどい説明は一切せず、ちょっとの描写のみで設定を描いていくため、話のテンポがリズム感を感じられるほどに気持ちいい。一話一話の起承転結が練られた構成も素晴らしい。音楽も作品の雰囲気に見事にマッチしたほっこりとするもので、何から何まで最高。個人的にはこの作品の雰囲気すべてがツボで文句なしなのだが、しかしながら世間的にはイマイチヒットしなかった作品である。理由としては話に盛り上がりがなく、地味だったという点、そして南の国という非現実的要素が蛇足だったという点が挙げられがちである。確かに話は記憶に残らない程地味だし、その意見にはどちらも同意できるが、話よりも雰囲気を楽しむ作品として見れば十二分に楽しめる作品であると思う。南の国に関しては、確かに「商店街の人情モノ」という要素のみで十分だったという気もするが…。「けいおん!」などの作品と比較すると人物も物語も地味かもしれないが、最終回でデラが「この辺りがずーっと温かかったぞ」と胸を押さえながら言うように、この作品でしか、この商店街でしか味わえない温かさを持った作品である。


◆あいまいみー 7.5/10.0


5分アニメ。初めて第一話を見たときは、意味不明すぎて滑ってると感じたが、5分なので見続けたら尻上がり的に面白くなったのか、それとも自分が侵されてしまったのか…今では原作者のちょぼらうにょぽみ先生の作品を商業誌はもちろん同人誌まで通販で購入するほどのファンになってしまった。放送途中から原作ファンになったパターン。原作がぶっ飛びすぎてアニメはおとなしくも感じるが、それでもよくぞここまでやってくれたと個人的には評価したい。これだけ色々アウトな作品をアニメにしただけでも称賛に値する(特に逆立ちおしっことサンドイッチでキマるネタやったのは拍手レベル)。5分という短い尺に原作の色んな話を混入させているため一話の構成はオリジナルだが、それでも原作のマジキチっぷりやシュールさを再現できているのは素晴らしい。ただどうしても原作ほど吹っ切れず少々半端になってしまったし、作画が原作と結構違うこと、声優がイマイチハマっていなかったことが残念。しかし声優と、ナレーションを担当した吉本芸人の天津向による生放送は本編を越えるフリーダムっぷりで最高に笑わせてもらった。死ぬほど人を選ぶだろうが個人的に大好きなので心の底から二期やってほしい作品…と思っていたらまさかの2期制作決定。超嬉しい。ちなみに主題歌のギターは無駄にマーティ・フリードマンが演奏している。


◆まんがーる 5.4/10.0


5分アニメ。漫画編集部のゆるい日常を描くアニメという肩書きの割に、思ってたよりも漫画業界のことを詳しく紹介してくれる内容で、意外と勉強になるアニメだった。特に面白い内容でもなかったのは正直なところだが、かといってギャグが寒いこともなく、キャラクターも(デザインがヤスさんなので)可愛いし個性が立っていた。5分という長さも実にちょうどよく、きちんと中身もあり無難に楽しめる内容であったが、内容があまりにも普通だったので特筆するところがない地味な作品になってしまってるのが残念。「精神が不安定になる」と話題の主題歌は慣れてくると中毒性があり良かった。しっかりものと見せかけて隠れオタクの副編集長が好き。


◆ヤマノススメ 7.4/10.0


5分アニメ。まんがーる同様こちらもアース・スターで、確かにこちらも登山について紹介する場面もあるが基本的には中身の無いほのぼのアニメでまんがーるとは完全に作風が違う。ただひたすらに女の子が可愛い。あと絵が綺麗。それに尽きる。全体的にふわふわした雰囲気に徹しているようで癒されるが、それにしても話に中身がなく、テンポも遅く、女の子同士のイチャつき方など可愛さもかなりあざとかった。しかしふわっとした雰囲気作りはかなり凝っており、作画の色合いや、音楽や主題歌も徹底されていたように思う(主題歌はすごく好き)。5分だから暇つぶしに見れたというのが個人的感想。可愛さを重視したアニメとしてはこれくらいのふわふわした内容のほうがちょうどいいのか。癒やしアニメとしては及第点。


◆ラブライブ! 9.1/10.0


二次元アイドルにハマったら人生終いだわ…と思っていた時期が僕にもありました。凄く良く出来ている作品で見事にどっぷり。めちゃくちゃ面白いです。1話から最高にテンポが良く、かわいいキャラが表情豊かに動きまわるだけで観ていて気持ちがいい。しかしキャイキャイしてる内容では決して無く、しっかりとキャラクター間の友情や青春を描いてくるのでどんどん物語に入り込むし、毎回続きが気になる。アイドルアニメというよりは学園青春アニメという言い方の方がしっくり来るかもしれない。とにかく高校生の女の子の青春と友情がエモく暑苦しく描かれている。テンポの良さゆえの強引な展開が多く、正直脚本はつっこみどころだらけで粗末に感じる部分がかなり多いのだが、9人もいるキャラクターの性格や立ち回り、物語構成などが丁寧に作りこまれているので、一話に込められた密度が凄い。終盤はそれまでの平穏さから急にシリアスな展開となり、それに拒否反応を起こした視聴者もいたようだが、それがあったからこその最終回の感動があり、最終回は1分1秒がエモいという最高の内容で号泣してしまった。演出も第一話から最終話までかなり凝っており、それに泣かされる場面も非常に多い。ライブシーンのCGは結構違和感があるのだが、楽曲が素晴らしいので許せる。楽曲のみならず劇中BGMとその使い方も秀逸。キャラのあざとさや暑苦しさ、展開の強引さが苦手な人も多いだろうが(自分も最初少し苦手だった)、アイドルものに偏見のある人にも見てほしいとても良い作品。


2014年アニメレビュー
春アニメ編
夏アニメ編
秋アニメ編

アニメレビュー点数まとめ
| すなっふ | 2013年アニメレビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/242