<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< ____snuffラストアルバムと名義変更のお知らせ | main | noise4Uを勝手に語る第8回「あやまれよ/悪い春」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
惡の讃歌
2013年最大の問題作と謳われたアニメ「惡の華」。
その音楽を担当する電子音楽アーティスト深澤秀行によるサウンドトラックがこの「惡の讃歌」である。しかしながらこれは、もはやサウンドトラックという域で収まらない一つの音楽作品と言えよう。

劇中に蔓延する「不穏」そのもの。この言葉をこれほどまでに再現している音楽もそうない。変化の無い単音が長く鳴り響くドローンミュージック。心臓がえぐられ、鷲掴みにされるような感覚。ドキドキする感覚。この漫画を初めて読んだときと同じ感覚がこのCDで蘇る。この音楽はまさにクソムシの海であり、聴きながら「これ以上俺の魂をズクズクにしないでくれ!!」と思ってしまった(余談だが漫画でこの台詞を読んだときもそりゃこっちの台詞だ!と思ったものだ)

しかしこのアルバムの素晴らしさは、不穏の中に潜む美しさにある。ドローンノイズの中に微かに響くピアノ。旋律ではなく、水滴が落ちたように弾けて消える儚いピアノの音。これこそ「惡の讃歌」唯一の、他のドローンミュージックにはない魅力であり、「惡の華」という作品そのものである。

特筆すべきは劇中でも印象的に使われていた楽曲「残響の華」である。仲村と手を繋いで歩くシーンなどに使われていた曲だ。その美しさと儚さ。ため息が出るほど素晴らしい。

またボーナストラック「仲村佐和の叫喚」は、アルバム全編ビートがほとんど無い静かな作品なのに対し、激しいダブステップ調の曲となっている。
アルバムを通して聴くと突然この曲で流れが断ち切られるのでびっくりするが、その捻くれ方もまたこのアニメらしいと言えるのかもしれない。

私はもともとドローンミュージック大好き人間なのだが、このアルバムは普段そのような音楽を聴かないアニメファンにはもちろん、このアニメを知らない音楽好きにすら心からオススメしたいと思う。


ちなみに、このアルバムはタワーレコードで買うと同じく深澤秀行による「山田☆パラダイス」という1曲入りCDが特典としてついてくる。これは山田の声ネタをこれでもかとサンプリングしたハウス(だけど途中メタルになったりころころジャンルが変わる)トラックである。かなりふざけた内容(褒め言葉)で、同じ作曲者とは思えない強烈な曲なので、気になる人にはタワーレコードでの購入を勧める。私は笑いすぎて腹筋が痛くなった。
| すなっふ | CDレビュー | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/230