<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ABOUT

author:すなっふ

田舎者から東京都民になりました。
「unsnuff」という名義で、ソロで音楽活動をしています。
が、音楽活動の宣伝はTumblrに移行しましたので、このブログでは音楽活動に関係のない内容(好きな音楽や映画のレビューなど)についてゆるりと書いていきたいです。

twitterもよろしくどうぞ。
HOMEPAGE
TWITTER
SEARCH
<< 第3回弾き語り配信しますー。 | main | 【CDレビュー】相対性理論『正しい相対性理論』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
【CDレビュー】s(o)un(d)beams/salyu×salyu
女性シンガーSalyuが、自ら熱望し敬愛するCORNELIUS、小山田圭吾のプロデュースで新たに構築した音世界、それがSalyu×Salyuである。

このアルバムの大きなコンセプトは、Salyuの歌声を楽器としてプリミティブに扱い音を構築するというものである。多重録音、カットアンドペーストを駆使し、歌声を音素材としてコラージュしていく手法がアルバム全体に多く見られる。これはまさに小山田が得意とするものだ。言葉も分節・発音と、より短く切り取られ、それらはときにビートを刻み、ときに壮大なコーラスを響かせる。いわば声によるオーケストラがここでは鳴っている。

だがここまでは私を含め多くの人が想像できたサウンドであっただろう。Salyuの声を素材として作ったCORNELIUS的なサウンド。それだけでも興味を引かれるが、Salyu×Salyuのサウンドはその想像を大きく上回るものであった。

その大きな所以は、このアルバムはCORNELIUSのものではなく、Salyuのものであると言い切れるほどに、Salyuの魅力が存分に発揮されていたということだ。
Salyuの歌声は、確かに徹底的に素材として扱われているが、彼女の表現力はもはや素材としての範囲を軽々と飛び越している。Salyuの幅広い声域、特徴的で癖のある発声、ときに力強く、ときにか細く表現力豊かな歌唱力が、このアルバムの空間をどこまでも立体的に構築していく。私はこのアルバムを通して、Salyuの持つ、音楽に対する実験的な意識の高さを強く感じることができ、そこが良い意味で私の期待を裏切る結果となったのだ。決してCORNELIUSサウンドに飲み込まれてしまうことはなく、Salyuが表現したかった世界観を感じることができた。そこはCORNELIUS小山田も上手いもので、Salyuの魅力を存分に引き出す楽曲作りを見事成し遂げている。この二人のコラボレーションは、我々の想像をはるかに上回る奇跡的な昇華を見せつけたのだ。

忘れてはいけないのが、作詞で参加している、元ゆらゆら帝国の坂本慎太郎と、ミュージシャン七尾旅人らの功績である。実験的なサウンドに劣ることなく、さらに色彩を豊かにする詞の世界は、オリジナリティー溢れる独自の言語感覚で紡がれている。特に「ただのともだち」「奴隷」は音素材としての声にも言葉をはめ、ユーモアあふれる実験性を持っている。

声と音と言語、そのシンプルな三つの要素を恐るべき実験性によってどこまでも研ぎ澄ました、奇才たちによる奇跡的な音楽作品。そしてSalyuの、ボーカリストとしての本気の表現力が光る意欲作である。
| すなっふ | - | comments(2) | trackbacks(1) | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
HMR (2011/05/17 9:09 PM)
自分もmixiにレビュー書きました。間違えなく今年1番の名盤です。
____snuff (2011/05/19 12:20 AM)
そうだね、既に今年一番かもしれないなと思ってしまうほどの名盤だよね。









url: http://rinmuki.jugem.jp/trackback/155
CORNELIUS 最新情報 - Nowpie (なうぴー) J-POP
CORNELIUS の最新情報が一目でわかる!ニュース、ブログ、オークション、人気ランキング、画像、動画、テレビ番組、Twitterなど
| Nowpie (なうぴー) J-POP | 2011/05/18 6:30 AM |